エクオールサプリおすすめランキング【市販サプリを比較】

始めやすいエクオールサプリはないのか…。
おすすめのエクオールサプリを知りたい…。
どのエクオールサプリを選んだらいいのか…。
こんな疑問がある方向け。

価格や成分(含有量)を比較して、エクオールサプリおすすめのベスト5をランキングで紹介していきます。

比較ポイントの一覧は、ページ下部のエクオールサプリ比較表で掲載しているので、参考にしてください。

エクオールサプリおすすめランキング

1位:大塚製薬 エクエル

大塚製薬 エクエル
大塚製薬
乳酸菌発酵のエクオール含有食品。エクオール10mgが1日4粒目安で

薬局でも取り扱いされる信頼度の高さ!イチオシです

世界初の乳酸菌で大豆を発酵させたエクオールを使用。
1日4粒で「エクオール10mg」が取れます。

さらに「大豆イソフラボン・アグリコン」もプラス。
ゆらぎ世代の女性の健康と美容をサポートしてくれます。

婦人科を中心とする医療機関や、調剤薬局でも取り扱っています。
信頼度の高い商品です。

ポイント
  • 女性のゆらぎをサポート
  • エクオールが直接取れる!
価格(1日) 含有量 その他成分
4,360円(約145円) エクオール
10mg
大豆イソフラボン

2位:DHC 大豆イソフラボン エクオール

DHC 大豆イソフラボン エクオール
DHC
輝く毎日を送りたい女性に! ゆらぎ世代のハツラツ・キレイをサポート

小粒で飲みやすい!1日1粒でOK

1日1粒に「エクオール10mg」を配合。

1粒でおすすめされている摂取量が取れるのは魅力。
小粒のタブレットなので、さらに飲みやすくなっています。

飲みやすいエクオールサプリを探している方におすすめです。

ポイント
  • エクオールがしっかり取れる
  • 1日1粒!小粒で飲みやすい
価格(1日) 含有量 その他成分
3,996円(約133円)
定期
2,997円(約100円)
エクオール
10mg

3位:小林製薬 発酵大豆イソフラボン エクオール

小林製薬 発酵大豆イソフラボン エクオール
小林製薬
大豆イソフラボンを発酵させて作られた注目成分「エクオール」を配合

エクオール以外にもフルーツやハーブ成分をプラス

1日1粒に「エクオール2mg」を配合。
さらに、若々しさを支える「ブラックコホシュ」や「ヘスペリジン」「テアニン」をプラス。

敏感で乱れやすい女性の体を考え、少しでも負担を和らげられるように、エクオールを中心として、フルーツやハーブといった、体に優しい自然なもので作られています。

パッケージには、全成分表示されているは、製薬会社ならではのこだわり。
厳しい製造管理基準なので、安心して飲めます。

価格(1日) 含有量 その他成分
2,700円(約90円) エクオール
2mg
ブラックコホシュエキス
ヘスペリジン
テアニン

4位:オリヒロ エクオール&発酵高麗人参

オリヒロ エクオール
オリヒロ
発酵大豆イソフラボンを1日目安量中に30mg配合し、エクオールとして1.5mg補給できる製品です

1日1粒に「エクオール1.5mg」を配合。
さらに「大豆イソフラボン・アグリコン」と活力素材として「発酵高麗人参」もプラスされています。

1日に取れるエクオールの量は、少なめです。
エクオールが初めてなら、このあたりから試してみるのもおすすめです。

価格(1日) 含有量 その他成分
1,616円(約54円) エクオール
1.5mg
大豆イソフラボン
発酵高麗人参エキス
葉酸
ビタミンD

5位:エクオール+ラクトビオン酸

エクオール+ラクトビオン酸
アドバンスト・メディカル・ケア
女性のうつろいやすい心と体をサポートします。

1日3粒に「エクオール10mg」を配合したサプリ。
ポイントは、プラスされている「ラクトビオン酸」です。

ラクトビオン酸は、腸内フローラを整えて、エクオール産生菌を元気に。
エクオールを自分で生み出す力をサポートしてくれます。

価格(1日) 含有量 その他成分
6,480円(約216円)
定期
5,832円(約194円)
エクオール
10mg
ラクトビオン酸

エクオールサプリを比較【価格・含有量・その他成分】

大塚製薬 エクエル
大塚製薬
DHC エクオール
DHC
小林製薬 エクオール
小林製薬
オリヒロ エクオール
オリヒロ
エクオール+ラクトビオン酸
アドバンスト
商品名 エクエル 大豆イソフラボン エクオール 発酵大豆イソフラボン エクオール エクオール&発酵高麗人参 エクオール+ラクトビオン酸
通常価格
(1日あたり)
4,360円
(約145円)
3,996円
(約133円)
2,700円
(約90円)
1,616円
(約54円)
6,480円
(約216円)
定期価格
(1日あたり)
2,997円
(約100円)
5,832円
(約194円)
タイプ タブレット タブレット タブレット ハードカプセル ハードカプセル
1日の目安 4粒 1粒 1粒 1粒 3粒
含有量 エクオール
10mg
エクオール
10mg
エクオール
2mg
エクオール
1.5mg
エクオール
10mg
その他成分 大豆イソフラボン
(アグリコン型)
ブラックコホシュエキス
ヘスペリジン
テアニン
大豆イソフラボン
(アグリコン型)
発酵高麗人参エキス
葉酸
ビタミンD
ラクトビオン酸
キャンペーン
詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ

エクオールサプリの選び方【ポイントは3つ】

  1. 含有量をチェック
  2. 品質の確かなもの
  3. 飲みやすい商品か
以上3つのポイントを元に選んでみるといいでしょう。

含有量をチェック

試験結果などから、エクオールの1日の目安量は、10mgが推奨されています。

エクオールを作り出すことができる体質の人は、食事からでも摂取することができます。

作り出すことのできない、作り出せり量が少ない、大豆製品を食べないという場合は、10mg含有する商品が効率的です。

食事のバランスやご自身の体質を考えた含有量の商品を選ぶのがいいでしょう。

自分がエクオールを作れているかどうかは知っておきたいです。こちらのページを参考にどうぞ。

品質の確かなもの

サプリは、医薬品と比べると規制が緩く、成分を少し加えただけでも、配合と表記されています。
エクオールのサプリにもそのような商品があります。

「エクオール配合」と表記されていても、成分表示がされていなかったりします。
品質の確かなものには、しっかりと含有量(配合量)が、「エクオール ●●mg」と表記されています。

商品パッケージや販売ページで確認しましょう。

飲みやすい商品か

エクオールのサプリは、1日に飲む量はそれほど多くないですが、1~6粒/日と商品によって摂取量が変わってきます。

大きさや形状、粒の量など、飲みやすい商品を選びましょう。

サプリに慣れていない方は、粒が小さいものにするか、1日の摂取量が少ない商品から始めるのがおすすめです。

さらに詳しくエクオールサプリを紹介

口コミや選ばれている理由など、別ページにまとめています。

大塚製薬 エクエル【良い口コミ・悪い口コミでわかる効果】DHC 大豆イソフラボン エクオールの口コミ【女性の不調に効果があるのか】