尿酸値を下げるなら飲んでおきたいサプリ【おすすめ5選/痛風予防】

尿酸値は痛風の原因となるので、数値が高い人はビールだったり食事に気を使いますよね。

高くても病院に行くほどではないので、サプリでいい成分が取れたらいいなと思っている人も多いはず。

でも…尿酸値をサポートしてくれるサプリは、多くのメーカーから販売されているので、「どのサプリを選べばいいのか」を判断するのは難しいです。

そこで、こちらのページでは、成分や値段でおすすめの尿酸値サプリを比較して紹介しています。

先に結論をいうと、サプリが初めての人には、和漢の森の「尿酸ケア習慣」をおすすめします。

» 和漢の森 尿酸ケア習慣の詳しい紹介はコチラ

サプリを選ぶポイントや成分についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

尿酸値に役立つサプリの選び方【ポイントは3つ】

  1. 有用成分を確認
  2. 機能性表示食品を選びたい
  3. 試すことができるか
以上3つのポイントを元に選んでみるといいでしょう。

有用成分を確認

高めの尿酸値(5.5~7.0mg/dl)を抑える機能のある成分として、「アンセリン」「ルテオリン」「アンペロプシン」などがあります。

アンセリン

アンセリンは、マグロやカツオなどの筋肉に含まれるアミノ酸が結合したペプチドの一種。

このアンセリンには、体内でプリン体から尿酸を作り出す酵素「キサンチンオキシダーゼ」を抑制して、プリン体を再合成する酵素「ヒポキサンチンホスホリボシルトランスフェラーゼ」の働きを促すことで、尿酸を産生を抑える作用があります。

また、飲酒や肉体疲労で体内に乳酸が溜まると、尿酸が排せつされにくくなります。
アンセリンは、乳酸を代謝する酵素の量を増やして、体内で発生する乳酸の代謝を促進することで、尿酸の排せつを促します。

ルテオリン

ルテオリンは、フラボノイドの一種で、特に菊の花由来のルテオリンに尿酸値を抑える機能があります。
尿酸値を抑えるメカニズムは、アンセリンと同じような働き。

「プリン体からキサンチンに」「キサンチンから尿酸に」という2つのプロセスで働く酵素「キサンチンオキシダーゼ」を阻害して、尿酸の産生を抑えます。

アンペロプシン

アンペロプシンは、ファンケルが独自に開発した成分で、中国の山地に自生する藤茶に含まれているフラボノイドです。
こちらのメカニズムも、上記2成分と同じような働き。

プリン体から尿酸をつくる酵素「キサンチンオキシダーゼ」の働きを抑えて、作られにくくします。
さらに、再吸収するタンパク質の働きを抑えて、尿酸を排せつしやすくします。

どの成分も同じようなメカニズムで、尿酸値を抑えてくれる機能があります。

今まで同じようなサプリを飲んだけど、あまり実感できなかったという方は、成分の違いも確認してみてください。

機能性表示食品を選びたい

なんとなくでイメージさせる商品よりも、機能をはっきりと表示できる信頼性の高い商品を選びたいです。

「機能性表示食品」などの保健機能食品と呼ばれるサプリは、臨床試験にて配合されている成分の有用性を確認されています。
そのため、成分の機能をわかりやすく表示することができます。

また、この保健機能食品は、有用性を確認された成分量が、配合されているのもポイント。
「〇〇配合」と書かれていても、有用性を確認された配合量に満たない、さらに配合量がしっかり表記されていない商品もあります。

試すことができるか

機能性表示食品になっているサプリは、臨床試験にて配合されている有用成分の機能性が確認されています。
とはいえ、試験でも平均したもので、すべての人に有意な変化があったわけではありません。

その成分が、体質によって合う合わないなど個人差があります。サプリによっては、ニオイや味が強いものもあり、実際に飲んで試しておきたいところです。

メーカーの公式サイトでは、キャンペーンを行っている場合があります。
2週間分のお試しパックがあったり、初回だけ1ヶ月分が安くなるなど。

とりあえず、飲んでみたいという方にも最適です。

このようなキャンペーンを利用して、効果や飲みやすさをチェックしましょう。

尿酸値を下げるなら飲んでおきたいサプリおすすめ5選

ここでは、各商品の価格や成分を比較して厳選した、尿酸値のサポートにおすすめサプリを順番に紹介していきます。

1位:和漢の森 尿酸ケア習慣【機能性表示食品】

和漢の森 尿酸ケア習慣
高めな男性の尿酸値 (※5.5mg/dl超~7.0mg/dl未満)を下げる、機能性関与成分のルテオリンを配合。

菊の花由来の「ルテオリン」を有用成分として配合しています。
ルテオリンは、尿酸値が高めな男性の尿酸値を下げるのに役立ちます。

その他、古来から珍重されていたサポニンが豊富に含まれる「田七人参」もプラスしています。

公式サイトでは、初回1,480円のキャンペーンも行っています。
まずは、そちらを利用して試してみるのがいいでしょう。

価格(1日) キャンペーン 有用成分
4,342円(約145円)
定期
3,473円(約116円)

1,480円
ルテオリン
田七人参
▼お試しするなら、こちら▼和漢の森の公式ページはこちら
※1,480円で1ヶ月お試しできます!

2位:大正製薬 尿酸値が高めの方のタブレット【機能性表示食品】

大正製薬 尿酸値が高めの方のタブレット
「ルテオリン」が高めの尿酸値をダウン! 食事のプリン体が気になる方に

マグロ・カツオから抽出した「アンセリン」を有用成分として配合した製薬会社のサプリ。
アンセリンに、健康な方の高めの血清尿酸値を低下させる機能があります。

魚由来成分のサプリは、臭いが気になることも。
このタブレットは、被膜をコーティングしているので、味・ニオイをしっかりブロックしています。

公式サイトでは、初回980円のキャンペーンも行っています。
まずは、そちらを利用して試してみるのがいいでしょう。

価格(1日) キャンペーン 有用成分
3,780円(約126円)
定期
3,402円(約113円)

980円
アンセリン
50mg
▼お試しするなら、こちら▼大正製薬の公式ページはこちら
※980円で1ヶ月お試しできます!

3位:DHC ルテオリン 尿酸ダウン【機能性表示食品】

DHC ルテオリン 尿酸ダウン
「ルテオリン」が高めの尿酸値をダウン! 食事のプリン体が気になる方に

菊の花由来の「ルテオリン」を有用成分として配合。
2段階プロセスにアプローチして、尿酸が過剰につくられるのを抑制して、尿酸値を下げるのに役立ちます。

尿酸対策は、ある程度の期間をかけて続けていきたいところ。
1日あたり約65円、定期なら約49円と続けやすい価格は魅力です。

1日たった1粒で尿酸対策ができます。

価格(1日) キャンペーン 有用成分
1,944円(約65円)
定期
1,458円(約49円)
ルテオリン

4位:ファンケル 尿酸サポート【機能性表示食品】

ファンケル 尿酸サポート
日本初!高めの尿酸値(6.0~7.0mg/dL)を下げる臨床試験済みの機能性表示食品です。

ファンケルが独自開発した成分「アンペロプシン」と「キトサン」を有用成分としています。
このアンペロプシンとキトサンは、尿酸値が高め(尿酸値6.0~7.0mg/dL)の方の尿酸値を下げる機能があります。

プリン体を吸収しない、尿酸を作らない、尿酸を外に出すの3つのプロセスで尿酸をサポートできます。

価格(1日) キャンペーン 有用成分
3,888円(約130円)
定期
3,499円(約117円)
アンペロプシン
キトサン

5位:ディアナチュラ アンセリン【機能性表示食品】

マグロやカツオ由来のペプチド「アンセリン」を有用成分としています。
このアンセリンは、尿酸値が正常域で高めの方の尿酸値の上昇を抑える機能を持った成分です。

1日2粒にアンセリンを50mgを配合。1日あたり、約79円と飲みやすい価格になっています。

価格(1日) キャンペーン 有用成分
2,376円(約79円) アンセリン

尿酸値を下げるなら飲んでおきたいサプリを比較【価格・含有量・その他成分】

和漢の森 尿酸ケア習慣
和漢の森
大正製薬 尿酸値が高めの方のタブレット
大正製薬
DHC ルテオリン 尿酸ダウン
DHC
ファンケル 尿酸サポート
ファンケル
ディアナチュラ アンセリン
アサヒ
商品名 尿酸ケア習慣 尿酸値が高めの方のタブレット ルテオリン 尿酸ダウン 尿酸サポート ディアナチュラ
アンセリン
通常価格
(1日あたり)
4,342円
(約145円)
3,780円
(約126円)
1,944円
(約65円)
3,888円
(約130円)
2,376円
(約79円)
定期価格
(1日あたり)
3,473円
(約116円)
3,402円
(約113円)
1,458円
(約49円)
3,499円
(約117円)
タイプ ハードカプセル タブレット ハードカプセル ハードカプセル タブレット
内容量 30粒 90粒 30粒 120粒 60粒
1日の目安 1粒 3粒 1粒 4粒 2粒
有用成分 ルテオリン
田七人参
アンセリン ルテオリン アンペロプシン
キトサン
アンセリン
配合量 ルテオリン
10mg
田七人参
アンセリン
50mg
ルテオリン
10mg
アンペロプシン
150mg
キトサン
100mg
アンセリン
50mg
キャンペーン
1,480円

980円
詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ 詳細ページへ